第64回全国里親大会 宮城仙台大会

「第64回全国里親大会宮城仙台大会」「東北地区里親研修会宮城仙台大会」開催要綱

大会テーマ

「子どもの最善の利益を追求し、里子の未来を応援する “里親人生”」
 ~ 夢と希望をもって共に育ち合うために ~

開催趣旨

自ら手を挙げ、里親になった私たち。それは “子どもの最善の利益を追求する” ことから、
子どもとの暮らしの中から自らの幸せを見出そうとする思いからです。
今、社会的養護を必要とする児童は増え続け、被虐待・発達障害・高齢児等、複雑に絡み合う育て難さを持つ子ども達が多く存在することも事実です。
そんな中で平成29年に発表された “新しい社会的養育ビジョン” では、
里親委託率を3歳未満の子どもについては概ね5年以内(それ以外の未就学児童については7年、
学童期以降は10年)に75%までを引き上げるとする方向性が示されました。
文字通り、私たち里親に寄せられる期待は大きく、担うべきそして求められる役割も変化しています。
こうした背景の中、今大会では「養育」「養子縁組」「専門」「親族」といった枠を超え、
すべての里親にとって学びの多い講座を展開するとともに、
一般の方々にも里親制度に興味・関心を持っていただき、里親制度や養育の実際を広く知っていただくことで、
養育しやすい社会の実現と、これからの社会的養育の担い手との出会いへとつなげていきます。

日時

2019年 (令和元年) 10月12日(土) ~ 10月13日(日)

会 場

仙台国際センター
〒980-0856 宮城県仙台市青葉区青葉山無番地
TEL : 022-265-2211 (代表) / FAX : 022-265-2485

アクセスマップ

参加者

全国の里親・里子、ファミリーホーム関係者、
児童養護施設・乳児院・児童自立支援施設・児童心理治療施設・児童家庭支援センター等関係者、
里親支援専門相談員、市町村・児童相談所等児童福祉行政・教育委員会関係者、
民生委員児童委員、教育機関関係者、
里親制度及び児童福祉に関心のある方、学生等

日程・内容

【第1日目】2019年 (令和元年) 10月12日(土) 12:00~
 ● 式典・顕彰
 ● 行政説明 (厚生労働省 子ども家庭局家庭福祉課 課長 成松 英範 氏)
 ● 分科会 (講座型・参加型)
 ● 全体会
 ● 懇親会
【第2日目】2019年 (令和元年) 10月13日(日) 9:00~
 ● 基調講演
 ● 東北地区里親研修会宮城仙台大会企画 ユースパネルディスカッション

第1日目プログラム

分科会

今回は、第1日目に講座型分科会と参加型分科会とがあります。
【講座型分科会】 定員 80名 ~ 100名
 ● 第1分科会 : 「子どもの課題・不登校児への対応」
         講師:足立 智昭 氏
          (宮城学院女子大学 教育学部教育学科 教授/同 地域子ども学研究センター代表
           一般社団法人東日本大震災子ども・若者支援センター代表)
 ● 第2分科会 : 「里親のメンタルヘルス」
         講師:大塚 達以 氏
          (宮城県立精神医療センター 児童精神科医師、仙台市児童相談所嘱託医)
 ● 第3分科会 : 「養育困難な子どもの養育 (被虐待、発達障害、愛着障害、精神疾患等) 」
         講師:山本 恒雄 氏
          (社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 愛育研究所)
 ● 第4分科会 : 「自立した里子と、支援者とのパネルディスカッション

                 ~切れ目のない自立支援のあり方と人間関係の構築~ 」
         コーディネーター: ※講師調整中 / パネラー:自立した里子と支援者
【参加型分科会】 定員 20名 ~ 30名
 ● 第 5グループ : 「ぼく (ボク?僕?) はどこから来たの? ~ライフストーリーワーク~ 」
           講師:平田 修三 氏 (仙台青葉学院短期大学 こども学科 講師)
 ● 第 6グループ : 「子どもたちの未来のために ~これからの里親会~ 」
           講師:岩朝 しのぶ 氏 (特定非営利活動法人日本こども支援協会 代表理事)
 ● 第 7グループ : 「自分で生きるために ~自立支援を考える~ 」
           講師:吉田 菜穂子 氏 (福岡県 吉田第一ホーム)
 ● 第 8グループ : 「今だから話せる私の想い ~実子の本音~ 」
           講師:山本 真知子 氏 (大妻女子大学 人間関係学部人間福祉学科 専任講師)
 ● 第 9グループ : 「かけがえのない出会い ~未委託里親の待ち方~ 」
           ※助言者調整中
 ● 第10グループ : 「子どもの権利を守るために ~親権を真剣に考える~ 」
           講師:花島 伸行 氏 (子どもの権利委員会監事 / 青葉法律事務所 弁護士)

第2日目プログラム

基調講演

講師:相澤仁氏
 (全国里親会理事/大分大学教授)
子どもの自立とはどういうことなのか。子どもには、それぞれの発達段階において、発達課題があり、その時に必要になる関わり合いを通して成長していきます。しかし、里子や児童福祉施設で暮らす子ども達は、それまでに十分な関わり合いを持てていないケースがほとんどです。私たち里親はこうした子ども達を中途養育していく上で、自尊心や自己肯定感を育みながらも、同時に社会性の形成,学力の獲得を行っていく必要があるわけです。基調講演では、こうした知識はもちろんのこと、具体的なアドバイス、心構えなどを学びます。

ユース企画

東北地区里親研修会宮城仙台大会企画ユースパネルディスカッション
「里子が振り返る〝これまでの人生〟と〝これからの人生〟」
コーディネーター草間吉夫氏(東北福祉大学特任教授)
パネラー大人になった里子の方々数名

養育中の里親や,未委託の里親にとって,巣立った里子たちがどんな暮らしを過ごしているのかは気になるところ。また,里子たちはこれまでの人生で,何を感じ,何を求めてきたのかも含め,当事者の口から実際にお話しいただくことで,自らの養育を振り返り,この先の見通しと希望に繋げていきます。

子ども企画

小学生以上の参加となります。(未就学児は仙台国際センター内での託児)

ズートピア八木山1日目:ズートピア八木山(小学1~2年生)写真:公式HPより
ベニーランド1日目:ベニーランド(小学3年生以上)写真:google
仙台市科学館1日目の雨天時:仙台市科学館 写真::wikipedia
仙台市縄文の森広場2日目:仙台市縄文の森広場 写真:google

主 催

厚生労働省,宮城県,仙台市,公益財団法人全国里親会,宮城県なごみの会(宮城県里親会),仙台市ほほえみの会(仙台市里親会),東北地区里親会連合協議会,社会福祉法人NHK厚生文化事業団,社会福祉法人テレビ朝日福祉文化事業団

後援

社会福祉法人全国社会福祉協議会,全国児童養護施設協議会,全国乳児福祉協議会,一般社団法人日本ファミリーホーム協議会,全国児童家庭支援センター協議会,公益財団法人資生堂社会福祉事業団,宮城県児童養護施設協議会,仙台市児童養護施設協議会,社会福祉法人宮城県社会福祉協議会,社会福祉法人仙台市社会福祉協議会

大会・研究会内容等に関するお問い合わせ先

宮城県なごみの会事務局
 社会福祉法人宮城県社会福祉協議会 震災復興・地域福祉部
  (第64回全国大会、東北地区里親研修会実行委員会事務局)
  〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3-7-4 宮城県社会福祉会館3階
  TEL : 022-266-3950 / FAX : 022-266-3953

大会内容、詳細は、PDFファイルをご覧ください。
第64回全国里親大会 宮城仙台大会要綱

最近のニュース一覧